Shintoshi Home

選ばれる理由災害に強い家

部材の新発想と構造計算で実現 木+鉄で建てる第三の工法

部材の新発想と構造計算で実現木+鉄で建てる第三の工法

「テクノストラクチャー工法」は、木の持つ優しさと自由度と鉄の強さ、この2つの優れた特性を融合させた住宅です。木と鉄の複合梁「テクノビーム」と高強度接合金具を使用し、さらに構造計算や耐震実験など、最先端の技術を導入。「木か鉄か」という選択肢では得られない、木造と鉄骨造の両方のメリットを活かした独自の工法です。

※テクノストラクチャーはパナソニック独自の耐震住宅工法です。

住まいを強固に支える木と鉄のハイブリッド工法です。

住まいを強固に支える木と鉄のハイブリッド工法です。

テクノストラクチャーでは、木と鉄を組合わせた「テクノビーム」を採用。通常の木の梁と比べるとたわみが少ないので、長い年月が経過した後も、梁のたわみからくる骨組み全体のゆがみが抑えられます。さらに、地震などの一時的にかかる大きな力に強いのも安心のポイントです。

「構造計算」で、住まい全体のバランスを生み出します。

「構造計算」で、住まい全体のバランスを生み出します。

住まいの本当の強さは、柱や梁など部材の強さだけでは実現できません。 地震や台風、豪雪など外部から加わる様々な力に対応できる住まい全体のバランスが何よりも大切なのです。そこで私たちは、木造2階建て住宅には義務づけられていない構造計算を、一棟一棟すべての住宅で実施。388項目におよぶ緻密なチェックを行い、強度が客観的に実証された住まいだけをお届けしています。

「構造計算」で、住まい全体のバランスを生み出します。